いろいろなコンテナ

海外から日本に輸入する際の海上貨物の一連の流れについてお話し
しましょう。

国内輸送のケースとは違い、海外輸送と向きあうときには、いろいろな過程が存在して、それぞれのステップをクリアしなければなりません。

海上輸送コンテナといったら

貨物をコンテナ・トラックに積み込む

まず、貨物をコンテナ・トラックに積み込む作業からスタートしましょう。

FCLの選択肢の場合、出荷準備を終えた貨物をコンテナにフォークリフト、ハンドリフト、また手作業の手段で積み込みをしていきます。そこでは一般的に輸出者が積み込みをします。

LCLの選択肢の場合、CFSでコンテナに他社の貨物と相積みというカタチを取ります。

書類の提出

輸出者はInvoice, Packing Listを本船予約時に手配しなければなりません。

VGMを、フォワーダーに提出します。

貨物が港のターミナルかCFSに運ばれる

そして、貨物が港のターミナル またCFSに運ばれます。

FCLの選択肢の場合、港までトレーラーで輸送されていきます。専用のゲートから、コンテナターミナルへと。そして、船への積み込みまでは、ターミナルで保管というカタチを取ります。

LCLのケースでは、CFSにトラック移動、他社の貨物と相積みします。そして、コンテナターミナルへと輸送します。

輸出通関

次にしなければならないのは、輸出通関です。輸出通関においては、通関士によってシステム(EDI)を使い税関申告をおこないます。

そして、コンテナが船に積み込みされていきます。

海上輸送される

コンテナを船に積み込みをして、いよいよ海上輸送です。直行便ではコンテナは船から降ろされないで、目的地までまっしぐら進行していきます。

経由便では、経由地で別の船に積み替えして輸送するというルートを辿ります。

経由便の方が基本リーズナブル料金で行うことができます。

そして、船が港を出港したらB/Lが発行されることになります。

船が港に到着

船が港に到着したら、コンテナの積み卸し作業があります。

積み降ろされたコンテナは、ターミナルに運ばれて貨物引き取り時までターミナルに保管というカタチを取ります。

輸入する人たちは、B/LとArrival Noticeで、D/Oと書類の交換を行います。

そして、輸入通関です。Invoice, packing listなどの書類によって、通関士が輸入申告をします。

輸入通関は、輸出通関と比較してもより厳しいと言われています。ここで、チェックに引っかかってしまえば、相当な時間ロスが起きてしまうでしょう。

そして、いよいよいろいろ輸入した貨物を引き取ることができるようになります。